■近藤誠氏の「抗がん剤はきかない」について
■補聴器が老眼鏡のようにならないのはなぜ?
■がんの漢方治療2
■がん(癌)の話
■冷房病・夏風邪・熱中症・夏バテと漢方
■めまいの治療
■漢方で治すメタボリックシンドローム
■耳鳴りと漢方治療
■補聴器について
■がんの漢方治療
■不妊の漢方治療
■急性中耳炎と慢性中耳炎
■めまいについて
■かぜの漢方治療
■がんの漢方治療について

よく○○でがんが消えたなどという広告を見ますが、そんなうまい話はありません。 高い金を払って○○を飲み、がんが消えなくとも金は返してくれません。

最初から漢方だけでがんを治療することはありません。 がんの初期治療は西洋医学の専門です。 漢方は、化学療法や放射線治療の副作用を軽くしたり、術後の体力回復に使うこともありますが、 転移・再発予防、維持療法などが主な役割です。

再発を何回か繰り返すと、西洋医学ではこれ以上の治療法は無く、 自宅で好きなように生活してくださいといわれます。 このような方には漢方治療をすすめます。 再発さえしなければ、がんとの平和共存が保たれ延命します。
治療効果については、大規模臨床試験が困難ですのではっきりした数字はでていませんが、 西洋治療に上乗せする効果を期待しています。 余命数ヶ月といわれたがんが何年も再発しないので、がんが冬眠しているのではないかという話はよくあります。

体力回復や免疫力を高めるのはエキス剤で行えますが、がんも元気になることを恐れます。 抗がん作用のある生薬の煎じ薬を併用すべきです。 これらの生薬は保険がききませんので自費となります。 ただし、化学療法のような重篤な副作用はありません。

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください
TEL:03-3387-0893(8:30〜11:30、14:30〜17:30)
休診日:水曜、日曜祝日、奇数週土曜

↑ページトップへ