■近藤誠氏の「抗がん剤はきかない」について
■補聴器が老眼鏡のようにならないのはなぜ?
■がんの漢方治療2
■がん(癌)の話
■冷房病・夏風邪・熱中症・夏バテと漢方
■めまいの治療
■漢方で治すメタボリックシンドローム
■耳鳴りと漢方治療
■補聴器について
■がんの漢方治療
■不妊の漢方治療
■急性中耳炎と慢性中耳炎
■めまいについて
■かぜの漢方治療
■耳鳴りと漢方治療

耳鳴りにお悩みの方は多いでしょう。
しかし、耳鳴りはあっても気にしていない人はもっと多いのです。
耳鳴りでお悩みの方はたいてい「耳鳴りがする」と言って耳鼻科を訪れて、 「あなたの耳鳴りは治らないよ、気にしなさんな」で帰された経験があります。なぜでしょう?

耳鳴りと難聴は関係があるものの、同じではありません。 実は難聴も治せないものの方が多いのです。 耳鼻科の医者は難聴を治すことに一生懸命ですが、残念ながら治せないとなると、なすすべを知りません。 つまり、下の図でBとCの方が耳鼻科を訪れ、検査・説明または治療を受け、そのごく一部の方しか良くならないのです。

耳鳴りと難聴の分類

西洋医学では打つ手のなかった耳鳴りも、漢方治療は全く違った考え方で治療をするので、 耳鼻科医に見放された耳鳴りの方にも打つ手があります。 早くて1月、遅くて1年、体に合う漢方薬を見つけて飲んでいただき、効果を見ます。

どっちが良いか?

滲出性中耳炎や、耳垢・外耳道異物が耳鳴を起こしている場合は、耳鼻科ですぐに治せるので、 まずは耳鼻科で診てもらい、打つ手がなければ漢方治療をお勧めします。

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください
TEL:03-3387-0893(8:30〜11:30、14:30〜17:30)
休診日:水曜、日曜祝日、奇数週土曜

↑ページトップへ