漢方医療について:漢方内科・耳鼻科の新井五行堂医院
p01
p02
INDEX

当院での漢方医療に対しての取り組みについて
こんな症状に漢方を…
漢方薬の服用について
漢方薬治療の範囲と費用・漢方治療は健康保険が適用されます

漢方医療に対しての取り組みについて

 今、漢方が見直されています。 西洋医学の発達はすばらしいものでしたが、その限界と医療事故、医原病、薬の副作用などの負の側面が明らかになってきました。
身体の具合が悪いのに、病院でいろいろ検査を受けた結果どこも悪いところはありませんと言われることがしばしばあります。 病気(検査データ)だけ見て病人を診ない西洋医学の欠点です。 漢方ではどのような訴えにも耳を傾け、解決策をさがします。

こんな時に漢方薬を…

 病気の治療方法の中には、西洋医学がすぐれているもの、漢方が得意なもの、西洋医学でも漢方で直せるもの、さらに西洋医学と漢方を併用すると相乗効果が得られるものがあります。 身近なものでは冷え性、更年期障害、にきび、虚弱症などに良い効果があります。 そのほか風邪、花粉症、めまい、気管支炎、慢性腎炎、生理痛、神経難病、がん治療後の維持療法なども良い適応です。

漢方薬の服用について

 漢方薬は、長くのまないと効かないと思い込まれいる人が多いようですが、決してそれだけではありません。 主に、漢方薬を服用する際に二つの要素があります。
一つは、風邪の初期症状に、一般的によく知られている葛根湯などを飲めば、熱や頭痛が引いて楽になります。 そういった苦しんでいる症状を素早く取り除く即効作用のあるもの、もう一つは、アレルギー体質など体の根本から治す作用のあるものは、長期に渡って服用していきます。
病気や症状によって治療期間は違ってきますが、あせらず根気よく、医師の指導のもと正しく漢方を服用すれば、漢方の効き目を実感することができます。

漢方治療の範囲と費用

 漢方は、現代のように医療が細分化する以前の医学ですので、一般内科だけでなく、皮膚科・耳鼻咽喉科・小児科・産婦人科・整形外科などの病気も診ます。 外科、眼科などは、特殊な漢方になります。 漢方が得意な分野としては、かぜ・冷え症・不妊・更年期障害・虚弱症・がんの維持療法などがあります。 症状があるのに、検査をして「何もわるいところはありません」と言われたら漢方医をたずねるとよいでしょう。 何らかの解決方法があります。

 治療薬はエキス剤(アルミ袋に入った顆粒薬、湯で溶かして飲む)が主です。 エキス剤は、保険がきき、比較的安価ですので、3割負担の保険で再診2週間投与の場合、多くは1000円以下です。 2種類処方しても2000円を超えることはめったにありません。 煎じ薬の場合も、保険のきく生薬を出す場合、1日の薬代は100円前後です。 保険のきかない生薬を処方する場合は、すべての診療が自費になります。

健康保険の適用について

 あまり知られていないのですが、漢方治療には健康保険が適応されます。 エキス剤はもちろんのこと、安心して治療を受けていただけます。 生薬には保険で使えないものもありますが、当院では原則的に保険適用の薬を処方していますので、わからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。